トヨタスポーツ800 前期型

 ■ 1965年製(S40年)

 ■ 赤から銀へ生まれ変わるトヨタスポーツ800レストア過程!



華麗なる転身!赤からシルバーへ生まれ変わるヨタハチ

トヨタスポーツ800のレストア過程をご紹介いたします。
今回は、外装色を赤からシルバーへとオールペイント!
その他、細部にわたり、施工をして参ります。
何十台もの同車を手掛けてきた弊社職人が
腕によりをかけ、レストアして参ります!どうぞご期待ください。

■ 今回、レストアを施すのはこちらのS40年式トヨタスポーツ800!


■ ボディ色はご覧の通りレッド ■ オリジナル度の高い内装

■ シートは純正同様、黒でした。 ■ 状態の良いエンジンルーム。塗色は赤


■ まずはボディの剥離から、作業を開始!剥離剤を使わず、全て手作業で行います。


■ 剥離後の鉄部分は錆びやすいので、 ■ 精密さと早さを求められる作業です。

■ ボンネットは車体から外し、剥離。 ■ エンジンルームもご覧の通り!


■ 剥離完了後は、サフェーサーにて表面を仕上げます。こちらがその姿!


■ エンジンルーム ■ 細部にわたり、綿密に仕上げます。

■ リア部。トランク内もサフェーサー済 ■ これで塗装の下準備が整いました!


■ オールペイント完了!輝くシルバーに生まれ変わった瞬間です!


■ 剥離を経て、曇りなきボディに! ■ こだわりのエンジンルームも同色塗装

■ 室内もシルバーを纏いました。 ■ トランクルーム

■ エンジンルームの配線を開始!
ステー類も取り付けます。
■ ヘッドライト・グリルを組付け。
グリルの形は、前期と後期で異なります。

■ テールレンズ・マフラーを組付け。 ■ 燃焼ヒーターを取付けました。
これは当時、オプション装備でした。


■ 純正2Uエンジンが戻って参りました!ここからは、排吸気管の配管を行います。


■ エンジンルームの配管・配線と並行し、
室内の組付けを行います。
■ ルーフの内張を新品に張替え!
しわ・ムラの無い状態です。

■ 車体から外し、板金塗装を行った
ドアもこの段階で装着。
■ ドア内側も綺麗な塗色です!

■ ゴムモールは新品を装着。 ■ フロントガラスゴムも新品に!

■ シートを搭載。
新品に張り替えております!
■ バンパー・ナンバーステーを装着

そして完成!その姿がこちらです…!

■ 赤からシルバーへと転身を遂げました!ボディ・エンジンルームまで装剥離をしてのこだわり塗装!
ゴム類も交換し、内張も新品に張り替えた極上の一台となりました。

ボディ・外装
■ フロント ■ リア

■ 右サイド ■ 左サイド

■ ライトカバー
曇りやキズも有りません!
■ メッキ加工済みバンパー
前期型はアルミ製です。

■ ターンシグナルレンズ
前期型は規制前の白色が純正。
■ フェンダーミラー
新品を使用しています。

■ ドアハンドル
ドアハンドル・シリンダーホルダーも新品
■ ボンネットヒンジ

■ テールレンズ
ライト・枠共に光沢があります。
■ 純正リアウィンドモール
付いていない車輌も多い貴重部品です!

内装
■ 内張・シートを張り替えた車両内部。ステアリングは前期型純正を装着!


■ 純正4連メーター
前期は方向指示ランプが1つです
■ スイッチ類はアルファベット表記の
前期型純正で全て統一!

■ 張替済みシート
シルバーには赤シートが純正でした。
■ 中のスポンジも詰め直し、
張りツヤのある状態に張替え!

■ ドア内側 ■ リアパーセルカバー
ここからトランクへの出し入れが可能。

■ ダッシュボード下
配線類も見えない様に整理。
■ 純正灰皿
装備がないケースの多い貴重品!

■ 天井内張
新品に張替え、ヘタリのない状態です!
■ トランクルーム
ボディ同色に美しく塗装!


エンジンルーム

■ 純正2U型エンジン 非純正が
積まれている場合が多いです。
■ 燃焼ヒーター
化粧直し加工の後、装着!


状態の比較的良い車輌を、さらに磨き上げ直した今回のレストア。
純正、特に前期型パーツにこだわり、仕上げ直しました!
数多くのトヨタスポーツ800を手掛けて参りましたが、
新たに美しい一台を生み出せたことを嬉しく思います!